リアップリジェンヌについて

リアップリジェンヌが効かないという方の特徴

投稿日:


1. 著しく脱毛している。分け目がかなりスカスカで髪が極端に細い。
2. 女性男性型脱毛症である。(前頭部の生え際が後退している、またはM字・頭頂部が薄毛男性の様に薄いが側頭部や後頭部はそんなに薄くない。)
3. 甲状腺機能低下症の疑い
4. ホルモンバランスが崩れている

スポンサーリンク

上記に当てはまるようなら、まずそちらを解決しないことにはリアップリジェンヌは効きません。

1.『著しく脱毛している。分け目がかなりスカスカで髪が極端に細い』の理由


脱毛レベルに対してミノキシジル1%では薄すぎるためです。
濃度が薄いので効きが悪いのです。
実は海外製に比べ日本のリアップリジェンヌは濃度が低すぎなんです。

海外では、女性用は2%まで。場合によって5%、12%、15%と使用されるそうです。
何故、リアップリジェンヌが1%しか入ってないのかというと、副作用の危険があるため日本では1%以上を勧めていないからです。

国で勧められていない濃度を入れるわけにはいけないので1%なんです。

著しく脱毛している方は、リアップリジェンヌではなく、海外製の「ロゲイン2%」を試してみてもいいかもしれません。

2.『女性男性型脱毛症である。』の理由

こちらのページにも記述しました通り、女性男性型脱毛症の場合は男性ホルモンを抑制しなければなりません。

男性ホルモンは脱毛を促進させるので、どれだけリアップリジェンヌで発毛促進しても、抜けてしまうからなんです。
なお、男性ホルモンによる脱毛の原因は、ほとんどが遺伝です。

その遺伝による影響を抑制するには、男性用の医薬品などを使用しなければ防げません。

3.『甲状腺機能低下症の疑い』の理由。


薄毛女性の中で稀に、目の周りのむくみや疲労感、1日あたり300本から400本近く抜けるといった症状があるそうです。

実はこの症状、甲状腺機能低下症という病気だったんです。

甲状腺ホルモンが減少することによって引き起こされる病気です。

甲状腺ホルモンは、体のあらゆる臓器の細胞を活性化する働きだけでなく、髪の毛のもととなる細胞も活性化させる働きがあります。

甲状腺ホルモンが少なくなると、生死に関わる臓器などへの配分を多くする必要があるため、必然的に命と関係のない髪の毛への配分が減ってしまうと考えられています。

その結果、髪の毛の細胞活動が弱まり、生えなくなることに加えて、抜け毛も増えてしまうのです。

甲状腺ホルモンの減少は、加齢が原因とも言われていますが、実際のところはっきりした原因はわかっていません。

甲状腺機能低下症が原因によって起こる薄毛は、甲状腺ホルモンと同じ成分の薬を服用すれば、ほぼ治ると言われています。

4.『ホルモンバランスが崩れている』の理由

ホルモンバランスが崩れ女性ホルモンの分泌が減少すると、脱毛因子が増え、発毛因子が減少してしまいます。
脱毛を促進させ、発毛を抑制してしまうということです。

リアップリジェンヌをいくら使用しても、女性ホルモンを正常な状態にしない限り、抜けつづけ、発毛しません。

上記のことをすべてクリアしている場合のみ有効

もちろん、上記以外にも効かない理由はあります。

脱毛を引き起こしている原因を解決しない限り、いくらリアップリジェンヌで発毛促進しても、無意味です。

きちんと脱毛の原因と特定し、解決させることが薄毛克服の近道となるんです。

-リアップリジェンヌについて

Copyright© リアップレディ リアップリジェンヌの効果とは , 2017 AllRights Reserved.